EDとは

ED とは、英語の「Erectile Dysfunction」の略であり、「勃起機能の低下」を意味します。
日本では「勃起障害」「勃起不全」と訳されますが、まったく勃起が起こらないケースに限らず、
硬さや維持が不十分であることも含め、「満足な性交がおこなえない状態」と定義されています。
俗に言う、「中折れ」などの途中で萎えてしまうことが、EDの1番多い症状です。

自分の意思に反して勃起するのに時間がかかったり、勃起したとしても射精する前に萎えてしまう場合もEDです。

日本でED症状に悩むのは、実に成人男性の4人に1人が「ときどき性行為ができない」中等度異常のED症状を抱えていると言われています。

日本国内での ED の認知度はまだまだ低く、「性行為はできるが、じゅうぶんな硬さがない」などのより軽度のEDも含めるとその推定数は1,800万人にもなり、その場合3人に1人がED症状を抱えていることになります。
特に40歳以上ではEDの割合は増え、60歳以上では2人に1人がEDを自覚しています。

EDの症状について

「性欲や、興奮はあってもなかなか勃起しない」、「最初は勃起するが、維持できない」、「挿入しても途中で萎えてしまう」、 などED症状は人それぞれです。
軽度のED症状が起こることで、「また中折れするんじゃないか」「勃起しなかったらどうしよう」と、心的ストレスがたまり、 更にED症状が進んでしまう場合があります。

特にこの心因性EDは、20~30代にも多く報告されています。
仕事や家庭のストレスや、性交がうまくいかなかったトラウマなどが影響し、EDに悩む若年層のED患者も近年は増加傾向にあります。

通常、性的な刺激を受けると、脳の興奮が信号となって神経から陰茎へ伝わります。
信号を受け取った陰茎海綿体の動脈が拡張し、血液が流れこむことで陰茎が膨らみ、勃起となります。

しかし、神経や血管に何らかの問題があり、海綿体にじゅうぶんな血液が送り込まれないと、満足のいく勃起が得られず、EDとなってしまうのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ