ED症状の原因

一口にED症状とは言っても、その原因は様々にあります。

ED症状というと、中高年に多い、というイメージを持たれがちですが、20~30代の若年層にも増加している傾向にあります。
ED症状とは「勃起がない」ということだけではなく、中折れなどの、じゅうぶんな硬さを維持できないことも含まれるためです。

また、中高年以降にED症状の人が増えるのは、血管や神経などの損害により器質的EDのためです。
病気がなくても、30歳を越えると血管は老化し、弾力性が徐々に低下し、動脈が硬化していきます。
動脈硬化になると血管がじゅうぶんに広がらず、血の巡りが悪くなり、陰茎海綿体にも血液が送られにくくなります。

さらに、3、40代になると生活習慣病を患う人も増えてきます。
生活習慣病も血管に負担をかけるため、それを原因に動脈硬化が進行してしまう場合があります。

それらの原因のため勃起しづらくなることもあり、加齢と共にED症状を自覚する人が増えてくるのです。

心的要因と薬による影響

前述にもありますが、精神的なストレスによってED症状が出てしまう場合は多くあります。

身体は健康でも、仕事などの日常のストレスはもちろん、性行為時に、性行為経験の浅い10~20代前半の若い男性が緊張してしまってなる場合や、30~40代の子作り世代が周囲や奥さんからの「子作りプレッシャー」により勃起しない、というケースもよくあることです。

心的要因のひとつに、うつ病によるEDもあります。
「性欲が出ない」、「性行為が面倒」などと考えてしまうのもうつが原因のEDと考えられます。

さらにある疾患のために内服している治療薬が原因で起こるEDもあります。
これは「薬剤性ED」と呼ばれます。
薬の副作用によってEDが引き起こされてしまうのです。

年齢に関わらず高血圧の人に処方される降圧剤を服用している人や、抗うつ薬・向精神薬・睡眠薬を服用している方は、薬剤性EDが疑われます。
処方されている薬を変えてもらうだけでED症状が改善される人もいます。

ED症状を起こしやすいお薬一覧

EDになりやすい薬剤の代表的なものまとめました。

・降圧剤
・抗うつ剤
・抗精神病剤
・抗てんかん剤
・睡眠剤
・抗潰瘍剤
・抗男性ホルモン剤
・脂質異常症治療剤

抗うつ薬・向精神薬は、副作用にEDと明記されていない場合が多いため、注意が必要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ