悪質な偽造品とED治療薬のジェネリックとは?

近年何かと問題になっているのが中国を主な原産とする悪質な偽造ED薬です。

3大ED薬「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」は有名であるがゆえに、偽造品が多く出回ってしまっているのも事実です。
特にファイザー社のバイアグラは最も有名なため、その分偽造品も多く出回っています。

そもそもED治療薬は1錠が1500~2000円程度と決して安いものではありません。
ED治療専門のクリニックへ行けば、偽造品を購入することも少ないとは思いますが、通販での購入はなかなか難しいものがあります。

極端に安価なものが偽造品の可能性が高くなります。
個人輸入サイトなどで購入の際は信頼のおける業者かどうか、きちんと見極めましょう。

また、へたな偽造品を購入してしまうのであれば、安価で安心安全の、良質なジェネリック医薬品を検討するのもひとつの方法です。

ジェネリック医薬品について

近年正規品と変わらない品質にも関わらず、安価に手に入れられると話題のジェネリック医薬品が多くあります。

「ジェネリック」とは「一般的な」と言う意味で、一般的に広く使用され、効能や安全性が確認されたもののことを意味します。
先に開発された有効成分は、研究・開発費用が莫大にかかっているので、価格を下げにくいのに対し、 ジェネリック医薬品は20年前既に開発され特許の切れた有効成分を使用するので安価に提供できるのです。 ゆえに効果は同じだけ発揮でき、安全と言えます。

さらにジェネリック医薬品の中にはED治療の勃起サポート効果だけでなく、早漏防止効果や、効果時間を長くしたものなど、他の成分を合わせたハイブリッドなものもあります。

またED治療薬は主に錠剤になっていますが、ジェネリック医薬品の中には、お菓子やジュースのようにライトな服用ができるチュアブルタイプや、発泡タイプなどの製品もあります。
ただし、ライトな服用ができるとは言え、ED治療薬で、あくまでも医薬品です。
服用方法や、副作用、注意点、併用禁忌薬などは本来のED治療薬と同じなので、注意して服用しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ